「参議院議員 山本太郎」オフィシャルホームページ

東京都千代田区永田町2丁目1−1 参議院議員会館302号室
電話 03-6550-0302 FAX 03-6551-0302

国会活動

名称未設定-1

○山本太郎君
自由党共同代表、山本太郎です。社民との会派、希望の会を代表し、反対討論をさせていただきます。 

 

なんで採決やってんですかって話になるんですよ。採決なんてやれるわけないでしょって。当たり前の顔して、なんで採決できるんですかって。 

 

今日も明らかになったじゃないですか、田村智子さんの質問で。先週から続いて。紙があるのかないのか。その答えさえもハッキリと一言で言えなく、いつまでもいつまでも答弁を続けて、大切な質問時間を削り続けて。そのようなことで審議が深まるわけありませんよねって。 

 

ずっとその手法じゃないですか、この委員会に限らず。総理大臣がそういうやり方をするからこそ、ずっとどの委員会でもそのやり方が許され、どの大臣でもそのような振る舞いになっていくような、まるでその姿を見ていく、あまりにもありえないようなやり方。 

 

全然心ないじゃないですか、国会審議に。詰まってないの、まるわかりでしょ。 

あり得ないですよ、本当に。 

 

しかも、TPP統括官、実際に交渉にまで行ってた人。国会で全く逆の答弁をしてるんですよ。「それは、その時に質問通告をもらってなかったから」質問通告をもらう、もらわないの話じゃなくて、超基本的な部分の質問なんですよ。それに対して真逆の答弁を堂々としてしまってる。 

 

これはもう一回、今まで行われた、TPP、最初のTPPからTPP11の質疑に関してどういう答弁をしてるかってことを洗い直し、一からやり直しですよ。当たり前じゃないですか。 

国益懸かってるんでしょ。国民の生命財産を守るって、いつも口ばっかりじゃないですか。 

 

野党時代、どんな振る舞いだったんですか。自民党の皆さん。「このバス乗ったらどこ行く?地獄行く」みたいな話、ずっとしてたでしょ。「TPPは米国の基準を日本が受入れ、日本における米国の利益を守ることに繋がるからだ。それは日本が日本でなくなること。日本が目指すべき理想を放棄することに他ならない。TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ」って。 

 

こんなこと言ってたの一人じゃないですよ。これ言ってたの、もう皆さんご存じですよね。稲田朋美さんですよ。2011年11月。TPP参加交渉を打ち出した当時の民主党政権を厳しく批判した文章。 

 

これにも負けず劣らず、TPP大反対って言い続けてたじゃないですか。北海道の比例区では「嘘つかない、ブレない」とかっていうポスターもあったじゃないですか。 

 

これがまかり通るんですかって。選挙終わって、政権取って180度手のひら返すって。これ詐欺ですよ。その詐欺が政治だったら許されるんですかって話ですよ。国民の税金を使って。で、国民には自助共助。あり得ない話じゃないですか。 

 

で、このTPP11に関しても、一体何を得たんですか?差し上げた分の見返りは。当たり前でしょ。国際的な交渉なんでしょ。得てない。あげてばっかり。なんであげてばっかりなんですかって言ったら、「なんとか形にしたいから」って。知らんわ、そんなもんって。なんなんですか、その利益。 

 

それによって実際に畜産やられている方だったり農家やられている方だったり、どんな思いをしなきゃならないんですかっていう話なんですね。 

 

先ほどの稲田さんのように、骨があるかの言葉を吐き続けた自民党議員は、野党時代には多くいましたが、政権を取った段階でほぼ絶滅。TPPで米国に食われると危機感を訴えていた野党自民党が政権を取ってから、TPP大推進に豹変。歴史に残る、見事な手のひら返し。もちろん黒歴史ですけどね。 

 

しかし結局、米国は損をするからとTPPに入らないことに。その際、安倍総理は、「TPPは米国抜きでは意味がない。根本的な利益のバランスが崩れてしまいます」とAPECで訪れたアルゼンチンでは語っていたのに、米国なしでもTPPやる。ついには「米国にいつか帰ってきてもらう」と妄想を膨らませ、野党時代の主張からどんどん趣旨が変わる一貫性のなさ。 

 

「損をするから入らない」。そういう米国に戻っていただくためには、前よりももっと譲らなきゃダメじゃないですか。当たり前ですよ。だって入らない理由は「損をするから」ですから。今まで以上に譲らなきゃなんない。 

 

TPPじゃなくても、事前に譲るようなことになっていくんじゃないですか?それがFFRなんじゃないですか?って話なんですよ。ただでさえ、事前に多くを譲ったのに、蹴られた。国益に反する交渉はしないなど、無理な話でしょ。 

 

米国抜きで形になったのがTPP11。米国は得するが、他国は得しない部分。ルールに関して、22の凍結項目を設けたと。作ったと。アメリカが復帰するまでの凍結。 

 

とにかく11か国でまとまったという部分だけを手に入れるために、日本は凍結を一つも要求しなかった。「良いカモ」って言うんですよ、こういうのをね。「国益に反する交渉は行わない」をキャッチフレーズに、国益を損なう交渉をしていたことは、11見たらわかるじゃないですか。 

 

例えば、著作権物。保護期間。作者の死後50年から70年に延長する部分。凍結ですから、これに対応する国内法の制定、TPP11では国際約束ではない。その義務でもない20年の延長を今回の整備法で行う理由を「日本がグローバルな基準を作っていくことを主導する」と意味不明な答弁。 

 

さらに、保護期間延長で漫画、アニメ、音楽。日本の競争力のあるコンテンツが中長期的には収入が増える、メリットがある、と答弁。20年延長でどのように利益が出るか試算したんですか?と政府に聞いても、「定量的に試算することは困難であるため、試算は実際には行っておりません」と答える。ニュージーランドはしてましたよ。自分たちが主張していることの根拠すらない。イメージに過ぎないことが明らかに。 

 

これ、もはや国権の最高レベルでやるやりとりじゃないですよ。居酒屋で語っている夢レベルですよ。 

 

日銀国際収支統計。日本はここ5年、著作権等使用料は毎年、年間8000億円もの巨額赤字。その大半は対米赤字。アメリカは著作権分野だけで年間10兆円強という驚異的な外貨を稼ぐ国。著作権の保護期間が20年延びれば、それだけ日本の国際収支、赤字額は大幅に増える。儲けるのはアメリカ。 

 

国益無視で何の交換もなく、ストレートにプレゼントを差し上げる姿は交渉とは呼ばない。隷属と言います。 

 

牛肉のセーフガード発動基準数量について米国がいたTPPで決定された、数量59万トンを、TPP11でもそのまま引き継いだ。つまり、米国分を引き下げなかった。 

 

要は、TPP11に残ってくれた国々で、輸出を増やしてもらう考え。米国分がここにはカウントされないので、輸出が全体に増えても、セーフガードは発動されづらくなり、国内の畜産農家が苦しむことは目に見えてますよ。 

 

ねえ、先ほど農水省の方、お話しいただいてましたけど、この先ね、経営安定政策、補給金、いろんなものがある。対策費を重ねていったら、じゃあいくらになるんですかって。答えられない。毎年の予算でやっていくって。 

 

しばらくの間は助けるけど、いつまでもは助けないって話じゃないですか、これ。毎年やっていく。相当手厚い対応、対策やってるって仰ってましたよ。 

 

でもこれって、未来永劫、TPPに対しての経営安定策や補給金、続けるわけじゃないでしょ。結局これ、勝てないところは淘汰される以外にないんですよ。 

 

わざわざ世界の競争に、十分な競争ができる準備がまだできていない国内の生産者を巻き込んで、なんで勝手にマーケットをもっと広げてるんですかって。 

 

望んだんですか?農家の方が。関税の撤廃、非関税商品の撤廃。望んだんですか?望まれないことばっかりしてません?決められない政治から決められる政治へ。決めてること、ロクでもないことばっかりやん。 

 

わざわざ世界の競争にそうやって、色んな人々を巻き込んでいく。強い農業を作るって言うんだったら、TPPやめた上で、その相当手厚い施策をやることが重要なんじゃないですか?それこそが強い農業を作るって話なんですよ。それこそが食料の安全保障なんでしょ?それやらないんだ。すごいですね。 

 

国益無視で何の交換もなく、ストレートにプレゼントを差し上げる姿は、交渉ではなく、隷属と言います。先ほどの文章をもう一回読み上げてるような状態ですけどね。でも何回でも言いたい。交渉じゃないやん。全部差し上げてるやん。 

 

澁谷さん。ねえ。びっくりしましたよ。もっと違う答弁が来るのかと思った。全く違う国会内での答弁を、これ間違いですよねって。認めるとは思わなかったけど、すんなり認めていらっしゃった。180度違うことをやってた。 

 

「水道事業につきましては、どちらかと言いますと、これは公営サービスということで、政府調達の分野に属するのではないかと思いますけれども、コンセッションも含めて、今回は政府調達の対象にしているところでございます」。 

 

おかしいやん、それ。コンセッション含まれへんやん。コンセッション含まれることにしてるやん、答弁で。180度違うようなことを、別の委員会で、衆議院で話しちゃってるんですよ。 

 

やり直しに決まってるやん、こんなの。他にもありますよ、こんなことが山ほど。おそらく探していけば。あまりにもありえない。 

 

これはね、この1回間違えたとか。この澁谷さんだけの問題じゃないんですよ。なぜならば、TPPとPFIは関係する話なんです。PFI法のほうで、梶山大臣がお答えをくださった内容と矛盾が出てくるんですよ。こんなおかしな国会ないでしょって。ちゃんと、どのような政策体系になるかってことの、話し合いされてないんじゃないですか? って。軽い気持ちで国会に臨まれるからこんなことになるんじゃないですか? 

 

180度違うこと言う? 普通。言わないですよ、言えないですよ。つまりはですね、「TPPにおいても政府調達、PFI、コンセッション事業においても、地元企業を優遇するやり方がある」といった趣旨の梶山大臣の答弁。ずっとおっしゃってました。私が、「外資に喰われるんじゃないの?」って言ったら、「いや、大丈夫だ」と。そこまで軽くは言いませんけども。でも、「大丈夫だ」と。「ちゃんとやっていくんだ」ということを、ずっとおっしゃってた。 

 

けれども、澁谷さんの「コンセッションは今回の政府調達の対象になっている」と、「コンセッションも含めてTPP15章の対象にしている」と、理解されるような間違った答弁されたら、当然矛盾が生まれますよ。 

 

澁谷さんの答弁、そのまま鵜呑みにすると。 

 

「コンセッションまで15章に適用される」っていう話しちゃってるんだから。 

 

今までPFIの審議の時の梶山さんが「地元企業優遇とか地元企業を育てるんだ」と言っていたけれども、15章が適用されるということは、その15・4条の内国民待遇も適用されるということになり、外資も平等に入れてやっていこうという話になるじゃないかって。 

 

ちゃんと統一された政策体制も、政策の体制がね。体系が作られていないんじゃないか? って。 

 

絶対間違えちゃだめなところですもんね。大臣は私におっしゃってくださいましたよ。「そんな鬼の首を取ったみたいに、私たち言ったことないでしょ? 山本さんも間違えるじゃないか」って。 

 

そうですよ、間違えますよって。たかが私ですから、でも一生懸命間違わないように色々調べてやってますけれど、間違えることはあります。 

 

「私たちベスト尽くしてるから、間違えることだってあるじゃないか」っていうのは、そちら側にいってもらったら困るんですよ。だって交渉内容とか全部秘密なんでしょ? って。 

 

私たち知らないんですよ、どんなやり取りが行われてきたか。どうしてこういう内容になってるか? っていうことを知れないんですよ。条文読むしかない以外は何も情報も入ってこないじゃないですか、ほとんど。 

 

知ってるのはそっち側なんですよ。なのにそっち側の答弁が間違ってるっていう時点でアウトじゃないですか? って。180度違うこと言ってたって認めたじゃないですか。だとしたら採決やってる場合じゃないんですよ。採決やっていいんですか? これ。 

 

当たり前のこと、基本的なことにも答えない。当たり前のことにも答えられないような答弁で、人の質問時間をどんどん削っていきながら、「衆議院よりも多めに質疑したからいいだろう」って、だったらもう参議院なんていらないじゃないかって話ですよ。 

 

衆議院、衆議院の時間上回ったらだめなんですか? そういう慣例があるだけ? 議論が詰まってないんだから時間は取りますよ。当たり前じゃないですか、良識の府なんでしょ? 熟議の府なんでしょ? って。何も話してないのと等しいんですよ、この10何時間。何も詰まってないんですよ、中身が。なんで採決すんの? あり得ないですよ。いやいやいやいやいや、こいつが喋り疲れたら採決行けると思ってるでしょ? 皆さん。 

 

いやいやいや、行かせない行かせない、そんなの。なしなし。まだ言いたいこといっぱいある。 

 

○委員長(柘植芳文君)
発言をおまとめください。 

 

○山本太郎君
はい? なんでしょう? 

 

○委員長(柘植芳文君)
発言をまとめてください。 

 

○山本太郎君
これ中々まとめるの大変ですよ、委員長。頑張ります、委員長からそう言って頂けたんだったら。 

 

もう一回、思い出して頂きたいんですよ。いいんですかね? このまんまで。官邸の言われたとおり、竹中平蔵さんの言われたとおり、みたいなね。参議院の独自性って何なんですか? っていう話になっていきませんかね? ねぇ? 私、そう思うんですよ。 

 

どうせ通るんだから、お前諦めろよって話あるけど、そんな諦められる話じゃないんだって話なんですよ、これ。中身知れてないじゃないですか。交渉の経緯も知らないじゃないですか。その交渉の経緯を知っている、ずっと出席していた澁谷統括官の答弁の中身が180度違うことが、そのままにされてたんですよ。こんなデタラメな話ないでしょって。で、それに気づいたのが今日だったって? あり得ないでしょって。 

 

要は日本国内での今までのやり取りの中でも、そういった180度違うことで答弁を行っていた可能性もある。それだけじゃない、このTPPの元々の交渉から、その後の交渉に至るまででも180度違うことを言ってる可能性、これ否めないですよってことなんですよ。だとしたら、これ採決してる場合じゃないんですよって。なんで採決するんですか? あり得ない。 

 

で、先ほどお話さして頂きましたよ、要はTPP入ったら… 

 

○委員長(柘植芳文君)
もうぼちぼち、発言をまとめてください。お願いします。 

 

○山本太郎君
努力しますね、ありがとうございます、委員長。 

 

先ほどね、食の安全っていうのを、凄く問題になってる話じゃないでじゃないですか。アメリカに言われてアルミニウム開放したりとか、色々今までしてきた訳ですよね。遺伝子組み換え作物、これからもうどんどん増えて増えていくだろうと。ポストハーベスト、これからもどんどん増えていくだろうと。そんな中で、これ開いちゃっていいんですか? って話なんですよ。 

 

だって基本的に、もっと開放する方向に持っていく為の自由貿易のルールなんでしょ? 厳しくするってことないじゃないですか。 

 

今まであったものを撤廃するっていう方向はあったとしても、厳しくする方向には働かないはずですよ、自由貿易ですから。それをずっと言ってたじゃないですか。ねぇ? ハイスタンダードなんでしょ? 

 

ハイスタンダード、だからこそ… 

 

○委員長(柘植芳文君)
山本君、もう少しでまとめて頂けないでしょうかね? 

 

○山本太郎君
まとめたいんですけどね、、もう、あの…じゃあもう一回、今日にせずに審議して頂けませんか? そしたら私、ここで発言やめます。 

 

いや、審議をお願い頂きたいんです。 

 

じゃあもうちょっと聞いていって頂きたいです、ありがとうござます。 

 

とにかくですね、一番大事だと思いませんか? って。 

 

○委員長(柘植芳文君)
常識の範囲内で、一つまとめてください、お願いします。 

 

○山本太郎君
ありがとうござます。 

 

委員長は、委員長になられる前から、非常にお優しい方で。いや本当に。関係あるんですよ、非常に。常識的な方で、必ずエレベーターでお会いしたらお話をして下さったりっていう方なんですね。 

 

なので、あんまり荒いことは言いたくないんですけど、「常識的な範囲」って、常識的な範囲超えてる話じゃないですか。このTPPの今採決するってこと自体が。 

 

常識の範囲って、常識超えたことばっかりやって来てんのに、都合のいい時だけ「常識の範囲」って言葉使うんですか? って。 

 

だって普通に答弁求めてね、2週にまたがって質問時間をほとんど削られたっていう田村さん。これ、ちゃんと常識の範囲で答弁してくださいよ、内閣府。常識超えてるじゃないですか? さっきの澁谷さんの話も180度違うって。 

 

で、50年から70年の延長、著作権の話。タダで差し上げた? 勝手に開放した? 何とも交換しなかった? 常識、外れてるじゃないですか。 

 

セーフガード、アメリカ抜けるのにアメリカ分、一緒に削んなかったって。常識、外れてるじゃないですか。 

 

○委員長(柘植芳文君)
もう発言をまとめてください。お願いします。 

 

○山本太郎君
努力しますね。 

 

あまりにもおかしいじゃないですか? 常識的な範囲っていう範疇に入らないことだらけじゃないですか、ここでやられてること。永田町でやられてること。 

 

で、そのセーフガードに関して、またこれ、第6条でやり直しできるんだと。アメリカがやめるかやめないかってことが、はっきりしたらねっていう話ですけど、でもそれに対しての紙ありますか? って、文書ありますか?  紙ありますか? それにも答えないじゃないですか。どこが常識的範囲なんですか? って。 

 

一番、常識から外れたところにここがあるじゃないですか、永田町が、その中にいる人たちが。180度手のひら返しをするんでしょ? 誰を守るんだ? って。保守はどこにいるんだ? って。保身じゃないかよ、って。 

 

○委員長(柘植芳文君)
山本委員・・・ 

 

○山本太郎 

それでは、第2章に入りたいと思います。 

 

食の安全って凄く重要なんです、本当に。だって、毎日口に入る物じゃないですか。それがより、とんでもない物、普通に、普通に毒性の高い物が行き来するようになっちゃったら困るじゃないですか。 

 

○委員長(柘植芳文君)
発言をまとめてください。 

 

○山本太郎 

ありがとうござます。まとめたいと思います。 

 

一番大事なのが、やっぱりこの国において、予防原則ってことがずっとされてこなかったことで、沢山の被害生んできたじゃないですか。 

 

WTOルールと一緒だって、SPSの協定「WTOルールと一緒なんだよ、SPSルールが」っていうけど、WTOで予防原則認められへんかったやんって。大臣もそこはよくご存知なので、予防原則が認められるってことは一切言わない。当然なんですけど。 

 

でもWTOで、WTOでもしもそういうことがあったとしても、パネルじゃないですかって。パネルでの闘い、国対国でやってるんでしょって。二審制でしょって。じゃあTPPはどうですか? って。投資家対国じゃないですかって。 

 

そんなことやって、何の意味があるんだって? それを長引かせて何のつもりがあるんだって?  

 

私、このまま週末まで突入してもオッケーな態勢ですよ、はっきり言って。だってこんなもん、こんなロクでもないものを通すっていうのが、あり得ない。せめて、私にそういう思いがあっても、プラスになるっていうのを考えてる人がいるんだったら、議論を深めたい。だとしたら、今、採決する時じゃないでしょって。 

 

誰のスケジュールに合わせてるんですか? いったい。総理のお出かけですか? 議長のお出かけですか? 圧倒的に少ないに決まってるじゃないですか。 

 

○委員長(柘植芳文君)
発言をまとめてください。 

 

○山本太郎君
ありがとうござます。 

 

あり得ないですよ、はっきりいって。 

 

議論する場をくださいよ、じゃあ。議論する場をくださいよ、じゃあ。何も詰まってない話に対して、どうやって採決するんですか? って。 

 

次の機会にはもうこれが実際に通っちゃってる話じゃないですか。 

 

ルール守らない、憲法守らない。ね、そういうグループもありますけどね。ルール守ろうとか、ほんとに普段ルール守ってる人たちが言わないと、意味ないんですよ。常識的範囲でっていう言葉を言うにも、常識的範囲の政治をやられている・・・ 

 

みんなが決めたルール? 例えば何でしょう? いいですよ、はいはい。じゃあ憲法違反を犯してまで、安保法通した理由は何ですか? 

 

なんですか? じゃあTPPに関してなんて言い訳してるんですか? 地元で。「私は反対なんだけどね」とかいう話してるんですか? 

 

○委員長(柘植芳文君)
議論が終局いたしておりますので、もうおやめください。 

 

○山本太郎君
皆さんが反対してた時のTPPとISDSと、今とどう変わったんですか? 本質変わってないじゃないですか。 

 

本質変わってませんよ。ルールを守ろう、常識的範囲で、ほんとにそのようなことが行われてる場所であれば、私もそうする。でも、全くそうじゃないじゃないですか。 

 

内閣委員会においては、おそらく私この中でも長い間、いさしてもらってると思います。 

 

先生も、先生にご指導して頂きながら、先生にもそうです。だからどちらかというと、私も長いこといます。 

 

で、こんな内閣委員会で振る舞いしたの、私、初めてです。だって、内閣委員会は本当に熟議してきたから。変わっちゃいましたよ、って話なんですよ。このTPPの後半から。内閣委員会、そういう場所じゃなかったんですよ。私みたいな者にも、ちゃんと物教えて頂いて、で、私ちゃんと昔より今のほうがマシになれてるのは、内閣委員会の先生方のご指導のおかげなんです。本当にそうですよ、ありがとうござます。 

 

だけど、少なくともちゃんとした議論はしていくって話の下にあったんですよ。ちゃんとした議論されてないもん、これに関しては。 

 

これをこのまま、一般質疑の時にこれやりゃあいいだろうっていう話にはできない。だってこの後、採決なんだもん。 

 

さっき決めた? だってその話、ちゃんとまとまった時点じゃなくて、急にじゃないですか。ちゃんと、ちゃんと、ちゃんとみんなで合意した上でじゃないですか。だって、いつ・・・ 

 

や、オブザーバーにも、だって認められているから、当然出席さして頂いたという経緯があります。 

 

はい?  

 

や、でもやっぱり、議論が・・・ 

 

与野党関係なくお聞き頂きたいんですよ。このような議論があった中で、これを通すっていのはありですか? って。ありなんですか? 全く180度違うような答弁があったとしても、ありなんですか? これ。 

 

だとしたら、もう政治なんていらないね、って話になりません? 

 

もちろんです。 

 

○委員長(柘植芳文君)

山本さん・・・ 

 

○山本太郎君
じゃあ衛視呼んでください。衛視呼んでください、だとするならば。強制退去させて下さい。 

 

本当に申し訳ありません、何の恨みもないです。TPPだけはおかしい話なんです。お願いします。TPPは通せない。通せないですよ。 

 

今からですね、本会議もあるし。でも本会議では無理じゃないですか、確実に。ボタンで決まってしまいますもん、だって。 

 

排除して頂くしかないです。いやいや、排除して下さいよ。 

 

○委員長(柘植芳文君)
討論の打ちき・・・ 

 

○与党席
動議。 

 

○委員長(柘植芳文君)
討論をしばらくちょっとやめてください。速記を止めます。 

 

・・・ 

 

○与党席
動議。 

 

○委員長(柘植芳文君)
はい、どうぞ。 

 

○与党席
討論を終局することの動議を提出します。 

 

○委員長(柘植芳文君)
速記を止めてください。 

 

・・・ 

 

○委員長(柘植芳文君)
どうぞ、討論を続けてください。 

 

○山本太郎君
いいんですか? まだやっていいんですか? 

 

あぁ、「まとめてください」ですか。 

 

あの、到底無理くりなんですよね、私がやってること。本当に皆さんにお詫び申し上げたいです、ごめんなさい。私がやってること、本当むちゃくちゃだってこと、分かってます、これルール上ね。でも、これ以外止めよう無いんだもんって。 

 

「無理だ」っておっしゃってます。 

 

○委員長(柘植芳文君)
おまとめください、山本さん。 

 

○山本太郎君
はい、今まとめようとしてます。 

 

本当に、選挙で勝つしかないなぁってことをしみじみ思います。 

 

あの本当に、ひっくり変えさして頂きますんで。えぇ、その時は力合わせて、このTPPも離脱できるような動きを、みんなで一緒にやって頂きたいと思います。 

 

だって、元々TPP反対だったんだから、皆さん。お力貸してください。 

 

終わります。 

 

 




最新の記事

カテゴリ

過去ログ