「参議院議員 山本太郎」オフィシャルホームページ

東京都千代田区永田町2丁目1−1 参議院議員会館302号室
電話 03-6550-0302 FAX 03-6551-0302

国会活動

点字版はこちら

0414-Web-1920

○山本太郎君 自由党共同代表、山本太郎でございます。自由・社民の会派、希望の会を代表いたしまして、今村大臣にお聞きをいたします。

四月四日、記者会見の大臣の御発言、今日もさんざんいろんなことをお聞きになったと思いますけれども、趣旨だけを申し上げたいと思います、そのときの発言を。自主避難者が福島に帰れないのは本人の責任である、基本は自己責任である、裁判でも何でもやればよいではないか、やったではないか。この言葉に避難者の多くが心を傷め、絶望に近い感覚で、あれからの毎日を過ごされていると思います。

私、この発言自体には驚かなかったんですよ、自分はびっくりしなかったんです。どうしてびっくりしなかったかというと、この大臣が発言されたことの全てが安倍政権の避難者へのスタンスそのものだからなんですよね。改めて安倍政権の自主避難者への取組方を、御自分の口を通して大臣が言葉にされただけのことなんです。ただ、私がこの件で驚いたのは、この発言をされた方が今村大臣だったということに一番びっくりしたんです、心から。

私、この復興特別委員会の委員になって二年たつんですけれども、その間に復興大臣は三回代わりました。歴代の復興大臣の中で自主避難者に対して最も寄り添うお気持ちを持っていらっしゃるんじゃないかと私自身が感じていたのは、今村大臣なんですね。だから、一番びっくりしたんですよ。

人間って、何かストレスを抱え過ぎたりとかすると、何といいますか、振り切る瞬間というのは誰にでもあることだと思うんです、私自身。つまり、ふさわしくないとか、ふだんの自分とは違った振る舞いをしてしまうとか、言動が、してしまうとかということって確かにあると思うんですよね。

復興大臣というお立場を考えるならば、決して望ましくない発言だったとは思います。でも一方で、大臣御自身も、御自身を削り続けながらといいますか、自分自身を削りながら、復興に何とかというお気持ちでやられていて、疲弊しながら立たれたあの記者会見だったんじゃないかなというふうに、その結果だったんだろうなというふうに想像すると、ただ、けしからぬなというふうに私は言う気持ちになれないんですね。

大臣は以前、本委員会の質疑が終わった後に、私の質疑が終わった後、少しの時間でよかったらというお話で、実際にその日に傍聴に来てくださっていた自主避難のお母さんたちの声を直接聞いてくださったんですよ。これ、私、びっくりしました、本当に。今までの復興大臣の方々にもそういうアプローチはしたことがあったんですけど、皆さん結構あっさりとお帰りになられることがあったんですけど、逆に大臣は、私が近づいてくるのを待っていてくださったというような雰囲気さえ見えたんですね、そのときに。

たとえ大臣になったとしても、弱い立場の方には寄り添うんだという、政治家になったときの基本的な姿勢というのは崩されていないんだなというふうに、私自身、すごく感激した覚えがある。だけじゃなく、そのときにお話を聞いてくださったというか、大臣にお話を聞いてもらったお母さん方も、ものすごく感激されていたんですよ。あのときに大臣に直接お話聞いていただいたお母さんたちというのは、今も、直接お会いして、直接話を聞いていただいていますから、記者会見での発言はあったけれども、直接大臣のお話聞いてもらっているから、あれは決して本心ではないというふうに信じていらっしゃる方がいらっしゃるんですね。私も同じです。

そのお母さんたちが、毎日本当に強引な追い出しであったりとか、何といいますか、追い出し、いつ出ていくんだという話だったりとかという、すごく強引な追い出しだったりとか、とにかく毎日おびえるように過ごしているという話を聞くんですね。そのたびに胸が痛くなるといいますか、もう、一日に何十回も電話が掛かってきて、何回も家の前に来られて、大きな音でどんどんされてというような、いつ出ていくんだというような、もうまるで犯罪者にでもなったような、早く出ていけというような状況をずっと、ここ数か月続いていて、もう精神的にもかなり疲れ切ったというような状況が、実際にお話を伺うと感じ取れるんですね。

そこで、大臣に、是非お母さんたちに、元気が出るといいますか、エネルギーを感じるような一言をいただきたい。その一言というのは何かというと、意に反する、その方々の意に反するような追い出しは行わない、させないということを大臣の方から一言いただけないですか。

 

○国務大臣(今村雅弘君) 今委員がおっしゃいましたが、私も、やっぱりこの福島の被災者の方というのはほかの被災地とは違う特別なものだと、だからこそしっかり寄り添って対応しなきゃいけないという気持ちは誰にも負けないつもりであります。いろんな施策があります。そういったものを力強く私は力の限りまたやっていくつもりでございますが、そういう中で、今申されましたこの方々、そういったことについての対応はもうできるだけ丁寧にやっていくし、今言ったように、追い出すというようなことは、そんなことはさせないということで、言ってください。

 

○山本太郎君 ありがとうございます。

もう一度、その言葉だけいただけませんか。意に反する追い出しはさせないということだけをいただけませんか。済みません。ありがとうございます。

 

○国務大臣(今村雅弘君) そういうことはできないし、またさせないというふうに私は考えております。

 

○山本太郎君 本当にお母さんたち、今ほっとしていると思います。強引に出されてしまう方々というのもいらっしゃいます。やっぱり相手が強引過ぎて、もう押されて、しようがなくというようなこともあると思います。やっぱり話合いが必要だし、やっぱりちゃんとしたケアがなされなきゃいけないと思うんですよね。

是非、大臣の立場から、その強引な追い出しということは決して許さない、意に反する追い出しは許さないということをお仕事として、していただけることを、よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。 




最新の記事

カテゴリ

過去ログ