「参議院議員 山本太郎」オフィシャルホームページ

東京都千代田区永田町2丁目1−1 参議院議員会館302号室
電話 03-6550-0302 FAX 03-6551-0302

「まずは、消費税を5%に減税! 野党の統一政策に!」どんな署名なの?

メインバナー1
 

 

消費税の増税を「凍結」?
いいえ、消費税は廃止をめざし、 まずは「消費税5%への減税」を実現する署名。

 

全国289ある衆議院・小選挙区、
それぞれの地域住民に限定して集め、
消費税減税を野党の方針にして下さいと、
その地域の政治家や政党に直接迫ります。

 

あなたの生活、経済的に苦しくないですか?
その原因の1つが消費税です。

 

収入のほとんどが支出に消える。
所得が多くない人々に、より負担が重くなるのが消費税。

 

全ての消費に掛かる罰金、
生きているだけで課税される消費税は、
あなたの生活だけでなく日本経済も冷やします。

 

景気拡大に必要な一番大きなエンジン「消費」を冷え込ませ、 消費に掛かる全ての部門を後退させるのが消費税です。 2014年、消費税8%への増税前後では、個人消費が8兆円も下落。 2008年、リーマンショックの影響による個人消費の下落でも6.3兆円。 あのリーマンショックを上回る落ち込み、 インパクトがもたらされたのが消費税増税です。
消費税の増税を「凍結」? 小手先の主張はやめて、消費税廃止をめざし、 まずは「消費税5%への減税」を実現する署名。

 

全国289ある衆議院・小選挙区、
それぞれの地域住民に限定して集め、
消費税減税を野党の方針にして下さいと、
その地域の政治家や政党に直接迫ります。

 

集まった署名を無視、ないがしろにすることは、
署名をした地元住民をないがしろにすること。
その地域での署名の数が一万人を超える事態になれば、
政治家や政党は無視できません。

 

全国でつながり、それぞれの地域で、
消費税減税に向けて動きませんか?

 

詳しく読む

 

署名提出までのイメージ
 

【署名を集める上での注意点】

 

・自分が主催ではない集会や講演会、デモなどで署名を集める際は、
必ず主催者の方に了承を得てから、行うようしてください。

 

・街頭(駅前広場、道路など)で署名を集める際は、
事前に警察や都道府県・市町村へ許可申請が必要な場合があります。
必ずご確認の上、行うようにしてください。

 

この署名は、政治家や政党に、直接、消費税の減税を呼びかけるものです。
決して、選挙の事前運動ではありません。

 

・署名を募る際に、「◯◯をよろしくお願いします」、
「◯◯党を応援してください」など、特定の選挙立候補予定者や政党の固有名詞を口にしたりして、事前の選挙運動と誤解されないようにご注意ください。

 

・署名活動をする際に、
特定の候補者・政治家・政党の政治活動(チラシ配りやポスティング、ポスター張りのお願いをするなど)は、
絶対に一緒に行わないでください。

 

・署名活動の〆切は、2019年6月30日です。
※一次集計を2019年4月30日、二次集計を2019年6月30日に行う予定です。

 

・署名を集める地域で、選挙(地方選挙・国政選挙など)が行われる場合、
選挙期間中(告示日~投開票日)に署名を集めることは控えてください。

 

署名をスタート
 

 

 

消費税のダメっぷりがよく分かる!
※プリントアウトできますが、配布はしないでください。

消費税のダメっぷりがよく分かる!表

消費税のダメっぷりがよく分かる!裏