山本太郎(れいわ新選組代表・前参議院議員)オフィシャルサイト

修正案

修正対象 修正案 関係資料 関係資料② 提出年月日 審議情報
第189回国会閣法第8号 修正案 要綱 新旧 平27.8.25 審議情報

 

(政府説明概要)
自らの意思によって職業生活を営み、又は営もうとする女性の個性と能力が十分に発揮されることが一層重要。このため、以下を基本原則として、女性の職業生活における活躍を推進し、豊かで活力ある社会の実現を図る。

 

(問題点)
この法案は、女性の活躍、女性が輝くなどがうたわれるが、一方で活躍しようにも活躍しようがない、輝きたくても輝けない、実際にはその手段も環境もない、苦しい立場に追い込まれ、今日何とか生きていけるかどうかというぎりぎりの精神的状態、経済的状況の女性、我が国にはたくさん存在いることが全くフォローされていない。

 

(山本太郎修正案ポイント)
質疑の中では、その中でも大きな問題の一つ、DVについて焦点をあてた。
そして活躍できる一部の女性のみならず、これらの困難を抱えている女性への救済を進めるため、
国及び地方公共団体は、女性の職業生活における活躍を推進するため、職業指導等の措置を講ずるに当たっては、配偶者からの暴力、ストーカー行為等そのほかの事由によって女性の職業生活における活躍に支障が生じている場合については、その女性の置かれた状況に応じて必要な配慮がなされるように修正動議を提出。

修正案については否決されるものの、同様の内容は付帯決議において採択された。(付帯決議14)

 

この時の山本太郎の国会質問はこちらから。




最新の記事

過去ログ